2015年2月5日木曜日

13th Age in Glorantha playtest packet

kickstarter 投資者向けに 13th Age in Glorantha の最初のプレイテスト一式が配布されました。
42ページのPDFで、内容としては6人の1レベルの半作成済みキャラクター、 グローランサ用の追加ルール、 導入用の冒険シナリオとなっていて、ルール全体はまだ見えませんが1レベルのキャラクターですぐに冒険を遊んでみれるようになっているようです。ちなみにサンプルキャラクターは以下の6種です。
  • Human Berserker (Storm Bull)
  • Human Sword of Humakt
  • Human Orlanthi Warrior
  • Human Orlanthi Rebel
  • Human Storm Speaker
  • Human Trickster
Rebel(反逆者)というクラスはローグのバリエーションで、 Storm Speaker(嵐の語り手)というのがプリーストのようです。

グローランサ向けのルールの大きな変更としては 13th Age の重要な特徴であるうアイコン(重要NPC)への関連が、 ルーンへの関連に変更されるようです。 これはそのルーンに関連する神々やカルトへの関連としても使える模様です。 もう一つの大きな特徴である One Unique Thing (唯一の事柄)もグローランサ向けのサンプルがいくつか載っています。その他にもマジック・アイテム関連のルールがそのままヒーロークエスト能力に置き換えるとかあるようです。

この文章自体には Open Game License が設定されているようですが、 現在のものはあくまでテストプレイ用でインターネット上でのオープンな議論は避けて欲しいとのことですので、内容やルールの詳しい紹介は避けますが、 グローランサファンにとっては面白いゲームになりそうです。 分量的には短いですがグローランサのことを分っている感じが伝わってきて読んでいて1ページごとにニマニマと笑ってしまいました。

なかなかに楽しみなできです。 早くも次のドラフトや正式発売が待ち遠しいです。

0 件のコメント:

コメントを投稿