2015年4月20日月曜日

HeroQuest Glorantha のプレオーダー開始

昨年の GenCon版プレビューから、だいぶ待たされましたが、ようやく HeroQuest Glorantha が発売になるようです。 既にプレオーダーが始まっています。(実は先週の土曜日にプレオーダー開始になっていたのですが、 PDFを読みふけっていてブログ記事を書くのを忘れていました)


フルカーラーのハードカバーで256ページになるようです。 あとプレオーダーといっても PDF版は既に購入可能で、 ハードカーバーの購入者もダウンロード可能ですので今すぐ読めます。

 PDFのみだと $19.95、ハードカーバとPDFのセットは $39.95+送料で、以下の公式サイトで注文できます。 いつものごとく支払いは PayPal のみ(要クレジットカード)のようです。

    購入URL: http://www.glorantha.com/product/heroquest-glorantha/

購入の際に注意すべき点があり、前回の King of Sartar (ハードカバー)の予約者には専用の割引きコードがメール送らているので、決裁の画面でこれを入力すると、両方を同時に発送することにより、国際送料から $10割引きされます。最近は国際郵便の送料はバカ高いので嬉しい対応ですね。

HeroQuest の版である HeroQuest Core Rule は世界を指定しない汎用ルールでしたが、 今回のものはタイトルにもあるようにグローランサ(Glorantha)専用に戻っています。 ちなみに表紙の中央にいる斧を持った女性は、 女神バービースター・ゴア(拡大すると色々と駄目なものをぶら下げている)です。

期待の内容ですが、それぞれ以下のようなページ数になっています。
  • 前書き  (3ページ)
  • グローランサについて (12ページ)
  • ドラゴンパスと周辺 (14ページ)
  • キャラクター作成 (24ページ)
  • ゲームシステム (62ページ)
  • 共同体 (12ページ)
  • 魔法とカルト (77ページ)
  • 生物 (13ページ)
  • ゲームの遊び方とシナリオ作成 (12ページ)
  • 付録(カレンダー、言語、用語、文献) (13ページ)
  • 索引 (10ページ)
おおまかな構成はドラフト(GenCon版プレビュー)と同じですが、 時間がかかっただけあって色々と手が入っています。 多数のカラーやモノクロのイラストや地図が追加されているのも素敵です。 特に以下の地図は素晴しい(このブログのは、ちょっと配慮して圧縮して精度落としてます)


 グローランサファンにとって最重要と思われる追加は、 設定年がいつもの 1621年前後に加えて、 1627年!!というのが準備されたことでしょう。 そうです実時間で30年以上止まっていたグローランサの年表がとうとう進んだのです。 たった6年ですが、 ドラゴンパスの情勢は大きく変わっています、 今までは曖昧な予言でのみ示されていた英雄戦争がついに開始されています。 昔のドラゴンパスの支配者たちはドラゴンに喰われていなくなり、 アーグラスが登場して人々を率いてルナーと戦っています。 来年にはハレックとジャ=イールとの直接対決である「英雄たち戦い(the Battle of Heroes)」が迫っているという状況です。

1627年状況に関する情報はそれほど多くありませんがアーグラスや仲間たちの秘密など色々と読みどころ多数です。 詳しい情報は13th Age in Glorantha と一緒に準備が進められている Glorantha Sourcebook  で提供される予定みたいなので、今回のこれはその先見せということなのでしょう。

他の大きな違いとしては、各カルトの記述が簡易版から、フルライトアップに変更になっています。基本的に Sartar本や Pavis本にあったライトアップを元に微修正したもののようで、 この本だけゲームできるようになっています。 記載されているカルトには以下のようなものがあります。
  • 精霊伝承(精霊カルト)
  • アーナールダ
  • オーランス 
  • イサリーズ
  • ヒューマト
  • ワーハ
  • ランカー・マイ(魔道カルト)
  • 七母神(ルナーカルト)
あと魔術の章には新規で「啓発(Illumination)」の節が追加され、詳しい説明とゲーム上のルールが追加されいます。 啓発の概念が大いに拡張されて、真のドラゴンと話すことによって得られる「ドラゴン意識」も啓発と同じものであるとか、 色々とすごいことが書いてあります。

他にもいろいろと書くべきことはあるのですが、とりあえずこれくらいで。