2016年1月30日土曜日

印刷版:グローランサの忘れられた秘密たち

来月、大阪のTRPGボードゲームスペース「リーチングムーン」で行なわれる「ルーンクエスト2再誕祭」の場で販売するために、許可をとって『グローランサの忘れられた秘密たち』を印刷版を作成することにしました。今日印刷製本されたものが印刷屋さんから届きました。


実際に印刷してみると結構感慨深いです。中身はこんな感じ。

オリジナル(英語版)と比較すると、ほんの少しだけ大きいかな。

小部数印刷なのとの THE KRAKEN へのライセンス料がかかっているため値段が少しお高目になりますが、当日、是非お求めていただければと思います。

『ルーンクエスト2再誕祭』については以下のリンク先に案内があります。

  リンク: www.reachingmoon.com/p/2.html


それでは、2月14日にお会いましょう。

2016年1月5日火曜日

グローランサの忘れられた秘密たち

以前に紹介した Forgotten Secrets of Glorantha ですが、 とても面白かったので翻訳させて頂きました。 「グローランサの忘れられた秘密たち」という PDF冊子が公式サイト glorantha.com のショップページでダウンロード購入可能となっています。 是非、購入を検討ください。 売上げ利益は英語版と同じく THE KRAKEN の運営資金として寄付されます。

ショップページ: http://www.glorantha.com/product-category/role-playing-games/page/2/

直接リンク: http://www.glorantha.com/product/グローランサの忘れられた秘密たち-forgotten-secrets-of-glorantha-japanese/


フォーマットはPDF版のみの販売で、 A5サイズ50ページになります。

内容は以前紹介させて頂いたようにサンディ・ピーターセン氏が THE KRAKEN 2014 におけるセミナーとしてグローランサの数々の秘密に対する質問に答えたものの記録です。 サンディは最近までコンピューターゲーム業界にいて、 テーブルトップRPG業界を離れていたため、 内容的に最近の新しいグローランサ情報というよりは、 我々にとってとても馴染みの深い RQ3 の頃のグローランサ情報が元になっていますので、日本のグローランサ・ファンの人たちにとっても興味深い内容だと思います。

以下、この本で触れられている主な秘密について列挙です。
  • スーパーヒーローとルーンの関係
  • パマールテラの歴史の秘密
  • ナーガン砂漠の危険
  • 東方諸島の成り立ち
  • 黄金のモカトウ帝国
  • 古の種族たちの秘密の計画
  • ドラゴニュートのセックス
  • ワームの友邦帝国の目的
  • トロウルと黄金
  • ジャングル・トロウル
  • ルナーの秘密とアーカット・カルト
  • テレオス島の多色の民
  • ヴァデル人とブリソス人とウェアタグ人
  • 「怪物たちの母」
  • 「群れ集う混沌」の正体
  • 混沌神タイラム
  • ジャガ芋と青い月
  • 青い月のエレメンタル、セレーネ
私の翻訳能力はそれほど高くはないのですが、佐藤さん、鮎方さん、まりおんさん、Zebrafaceさんに翻訳チェックおよび校正にご協力頂いたおかげで、 ましなものになっているのではないかと思います。 (協力ありがとうございました)

この本に興味があったけれど、 英語はちょっとと思って躊躇していた人たちに喜んでもらえると嬉しいです。

追記: 聞いた話だと THE KRAKEN 2015 でもサンディのセッションが行なわれ色々と語ってくれたらしく 続編が予定されているそうです。 今から楽しみ仕方ありません。